鴻巣市 トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気に関する豆知識」

浮気を許して復縁するつもりが逆に相手を追い詰めるNGな行動とは?

理由は様々ですが、パートナーに浮気をされても別れを選ばずに関係の修復を目指す女性も少なく無いでしょう。

しかし、浮気を許したつもりが逆に相手を追い詰めてしまい、関係が余計に悪化。

自分は悪く無いはずなのに、なぜか自分に非があるような扱いをされ振られてしまった…という話もまた少なくありません。

 

このような結果を招いてしまう原因にはどんな理由があるのでしょうか?

大きく分けて3つのパターンがあるので紹介をします。

 

もしあなたがパートナーに浮気をされても別れを選ばず、二人の明るい未来を築きたい…と思うのであれば、参考にしてみてください。

 

  • 相手の罪悪感を担保に過度な要求をし続ける

浮気発覚後、男性はあなたに対して何も言えない状況になります。

それをいい事にアレコレと過度に要求をし続けると、次第に反省の気持ちは憎しみに変わっていきます。

 

弱い立場の相手に雑務や飲めない要求を押し付けるのはブラック企業のパワハラと同じ事。

「浮気したあなたが悪いんでしょ?」とついつい言いたくなってしまいますが、それは禁句です。

また、浮気発覚から何年も経っているのにいつまでも昔の汚点を理由に優位に立とうとするのも反感を買う大きな原因。

どんなに長くても、不倫の慰謝料請求の時効と同じ3年も経ったら、話題にするのはやめておきましょう。

 

もちろん、浮気をした罪が消えるわけではありませんが、それを理由に相手を拘束し続けるのもお互いにとって良い結果に繋がる事はありません。

 

  • 過度に拘束をする

最近では、スマホにGPSアプリを入れる事で相手の行動をリアルタイムで管理することも可能です。

一昔前みたいに「今どこにいるの?」などとメールや電話をする必要はなく、ログデータを見ることで1日の行動を全て把握することができます。

また、自由に遊びに行く事を制限するためにおこづかい制+領収書の提出を義務付けたり、携帯電話やSNSの友人関係まで把握しようとする話も耳にしますが、ここまでくるとさすがにやりすぎ。

束縛の域を超えて、完全に監視下においている状態です。

 

人間は過度に拘束をされると「拘禁反応」が生じ、神経症・鬱・幻覚・妄想などの症状が出てきます。

これは過度なストレスから生まれる自己防衛反応とみられ、ストレスの限界点を超えた人間にさらにストレスを加えると、自己崩壊を起こす危険性があります。

 

例え浮気のペナルティとは言え、相手の人格を無視してプライバシーを丸裸にするような方法では建設的な人間関係を築く事はできません。

 

  • 激しい「愛されたいアピール」をして彼の気をひく

「もしかしたら、浮気の原因は自分にあったのかもしれない…。」と思い悩み、態度を急変させる女性もいます。

彼の浮気をきっかけに毎日のように手料理を作るようになったり、服装や下着にも気を使うようになり。

さらに「私のこと好き?」と日に何度も確認をし、休みの日はいつも一緒。

極め付けにはちょっとでも気に入らないことがあると「やっぱり私の事なんて…。」とはじまると、男性は面倒臭さよりも恐怖を感じて逃げ出したくなってしまいます。

 

確かに浮気をした男が全面的に悪いですが、見方を変えるとその下地を作ってしまった女性側にも何かしらの要因があったのかもしれません。

だからと言って、自分を押し殺してまで彼に合わせても良い結果には繋がりません。

「あなたに愛されたくて頑張っている」という気持ちも方向性がズレるとプレッシャーにしかならず、お互いの幸せを押しつぶしてしまう原因になります。

 

  • 解決策の一例

あくまでも一例ですが、彼の浮気心を抑制しつつ、建設的な関係を築く方法を紹介します。

それは「誓約書を取り、それ以上は何も言わない事」。

砕けた言い方をすると「次やったら承知しねーぞ!」という念書を取り、あとは彼の自主性に任せる方法です。

 

浮気の罪をいつまでも蒸し返す事は良くないことも事実ですが、許したからと言って忘れられては困ります。

また「浮気は性分」という言葉の通り、残念ながら男には多かれ少なかれ浮気心があり、それを抑えるには自主性を育てるしかありません。

 

本当の意味で「浮気した事を許す」という選択をするのであれば、過去の反省を認めさせた上で(←ちゃんと書面に残しておかないと意味がありません)、これからの二人に取って何が大事か?を対等な立場で話し合う事が大事なポイントです。

 

浮気調査のトータルサポート

調査項目

Contents


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所鴻巣市相談窓口

Copyright © 2018 女性専門の探偵事務所鴻巣市 トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.